ある日の午後:ジイが食あたり?!

孫達と、プレゼントの買い物に行き、食あたり?
孫たちとおもちゃを見に行く、何がほしいのか?本人たちも目移りしてわかっていない。
私たちが買ってプレゼントしても、ちんぷんかんでは喜ぶ商品に当たるかどうか?
 
陳列台の前で、孫が指さしたおもちゃの値札をみて、同じようなおもちゃで、陳列台前の口防戦
 
-これじゃーダメなの?、
-あれとおんなじじゃん?
-これにすれば?
 
孫の目では違うのであろう。似て非なるものの判断はこうして出来上がっていくのか?いやいや、大人の”せこさ”を学習するのであろう。

 

作る方も心得たもので、おんなじ動きの機械仕掛けに、カバーされてる物を替えただけなのに、一方は親の懐を考えた値札で、一方は、親の晩酌の一品を削らざるを得ない値札が付いている。
 
-何が違うの?おんなじじゃん!
 
と、しつこく聞くと最後には口がへの字になってしまい、「おもちゃを買ってもらえる」と楽しみにしている心を台無しにてしまいそうになる。
 
こうなると、
 
―――  わかった、わかった、これがいいんだ!これにしようか?   
p555
と、孫の術中にはまってしまう。孫は、こうして欲しいものを手に入れる手法を又一つ学んだのであろう。
 
結局、嫁さんが袋にくるんであった、砂遊びか潮干狩りか何かのような予算内の値札のついた商品を持ってきて、ハー君これでいいね。っと本人に渡した。 なぜか、これで決定である。

 
今度は、商品を持って、さっさとレジの方へ歩いていく。
 
―――  ハっちゃん、お金を払うから頂戴! 

 
っと言っても聞いちゃあいないし、何度か呼んで顔を向けたが、商品は離さない、すると、嫁さんが、自分でレジに持っていきたいの!って教えてくれた。
 
レジにいくと、テープの柵があって、レジに一組、列に一組が並んでいたので、その後ろに並ぶ。はる君はレジに行こうとする。まちなさい、順番だからこっち来なさい。〇希が捕まえて連れてくる。
 
次の客が呼ばれた。柵の一番前に来た。呼ばれた、私たちの前の客がレジに行き、玩具を置くのをみると、また、はる君がレジに商品を乗せようと隙間をうろうろ。すくに捕まえる。本人は、あそこへ持っていかなければ、玩具が手に入らない事を知っているから、遅れをとらないように、早く出したくてしょうがないようだ。
 
いっちゃあ悪いが、このレジが遅いんだ、ほんと!
ほどなく2名ほど応援が駆けつけて、隣のレジも開けてくれた
 

やっと番が来た、はる君いいよ、っと背中を押す、〇希がサッとレジにだす。続いてはる君が背伸びしてレジに出す。おばさんがテープでいいですか?っと聞くので、いいです!と答えると、車の玩具にテープを貼って、はる君に渡してくれた。
 
はる君は車を手にすると、さっさと母親の元へ。私たちはレジの支払いを済ませた、6500円で予算より3500円も安く済んだ。
 
コインの引換券をくれたのでゲーム機のコーナーへ交換に行く。
 
コインのカウンターに行くと、この券はつかみ取り券で2回掴んで取った分だけもらえるってことらしい。小学生の〇希が挑戦。結果は67枚だった。64枚が現在までのトップで、〇希が3枚上回ってトップになったので、名前を張り出すと言うのでサインした。
 
〇希の行動を見ていたはる君が、自分もやりたいと思ったのか、面白そうと思ったのか、〇希が取ったコインのボックスに手を入れようとするが入らない。そう、上の丸枠以外は箱の外に書かれた白い丸で穴は空いていないのである。
 
コインを缶に入れてもらういコインゲームへ。 
 
はる君はボタンらしきものがあると叩く、レバーがあると動かす。あっちもこっちも叩いて歩く。
〇希がお目当てのコインゲーム機にコインを入れて、ボタンを叩く、すると中に入れたコインが飛び出て前の穴に入ると、下の広い口にコインがでてくる。入らないと終わりでまたコインを入れる。
 
すると、〇希のやっているのを見て、ハルも、〇希の缶から勝手にコインを取ってコインを入れようとするが場所がよくわからない、女房がはる君、ここだよっと教えると、ぎこちなくコインを入れた。そして、上のボタンを手で押すが勢いがないので、ちょこっと飛び出ておしまい。
 
はる君の高さだとコインが見えない。だからわけもわからずボタンを何度でも叩く。
 
何でも〇希の真似をする。
〇希が枠にコインを入れて当たりのコインが下のポケットに出てくるのを見ると。
コインを下のポケットに一個入れて取り出そうとする。
 
コインがオーバーフローして、コインの受け皿に戻ってくるのを見ると、
そこにもコインを一個入れてさぐる。
 
コインのある所にコインを入れて、出ているコインを取る。見てると、面白いし、貪欲に色んな事を吸収している様子がよくわかる。
 
程よく遊んだところで、マックで軽食を取る事にした。私は、ピリ辛の鳥から2個215円にした。
これが聞いたのか、孫達と別れ駐車場に向かっていたら、催してきた。女房は、骨密度を測ってもらうんだと2階入口側の催し場へ、私はトイレへ、ここは運よく、すんなりお出ましくださったので、後は、一階で買い物を済ませ自宅へ戻る。
 
ここから気分が悪くなって横になる。何時まで経っても直らない、と言うか、だんだん激しくなってきている。
単に、食べあわせが悪いと、いつもならば、数時間(消化時間)が過ぎれば落ち着いてくるのだが、午後からずっとである。
 
―――ご飯食べるんだったら・・・・・・!どうしたの? 
  
ご飯いらないよ!気分悪くて吐きそうだよ!
 
―――あんなピリ辛の揚げもんなんか食べるからだよ!昼のから揚げしか食べてないんだから、軽く何か入れる? それとも時間(消化時間)待つか?ったって食ってなくて6時間から経ってんだもんねぇ!とりあえず横になるから、ら食べるとき言って!
 
この後2回吐いた。ベッドのそばに洗面器と濡れタオルを置いて横になった。
 
3度の食事は負担のかからない程度に軽~く食べたが胃液があがってくるのがわかる。いつ、ゲホッっと来るやも・・と思う。
 
わたしは市販の胃薬を飲んで気休めをしているだけ、これ以上ひどくなったら病院へ行こうと思う。
 
 
ブロトピ:遠き昭和の思い出回廊
 

嘘か本当か、今日の知ったかぶり
男の精子が無くても卵子が成長する?
 
長寿は精力の強さ?そんな疑問からもう一つ、
昭和58年5月のネーチャー(科学誌)に、英医学研究評議会とエジンバラ大学で対外受精の実験中に、受精していない女性の卵子が分裂し、八細胞段階のの胚にまで成長したと発表したのである。
 
普通、受精卵は、精子と卵子の染色体をもっているのが当然とされてきたが、これで、精子抜きでも卵子が分裂して成長するという新事実がわかったことになる。
 
と言う事は、子供を作るのに、精子がいらない訳だから、男は必要ない。
女性側からは、男を知らないわけだから「処女出産」になってしまう。
 
こんな怖~い話、平成では聞きませんよねぇ、そうなんです、染色体が半分しかないので、完全な人間にまで成長する事は不可能だったんですね。誰ですか?胸をなでおろしてるのは。


信じるか、信じないかは、あなた次第です