また一つ!遠き昭和が星になる!

昭和がまた一つ消えた!。
船村徹が病気で死去した訃報が駆け巡っている。 日本演歌や歌謡曲の作曲を多数手がけて、多くの著名な歌手などを弟子にし、送り出してきた大御所である。

作曲家としての本格的な作品は「別れの一本杉」(歌・春日八郎・1955年発表)が最初らしい、私が6歳の頃である。
後に歌謡番組が流行り、この曲も知ることになったのである、今でも最後まで歌詞を覚えているし歌える。
そして、大きなショックと一緒にこの「みだれ髪」の録音風景↓には鳥肌が立ったものである。

 

 

 

ブロトピ:今日の生活・文化情報
ブロトピ:今日の雑談日記
ブロトピ:遠き昭和の思い出回廊